三遊亭楽天のダンスブログ

元・ダンサーの落語家・三遊亭楽天がダンスについて語ったりするブログです。



高校の卒業時、クラスメイトの一人には、芸人になると思われていた。
…今福くん、君の予言は当たったよ。
でも、あの当時の私は「芸人じゃないよ、ダンサーになるんだよ」と言っていた。

在学中から所属していた俳優養成所の仕事も、幾つか経験した。
ドラマのエキストラや、事務所所属アイドルのバックダンサーなどなど。 
こんな事したくて入ったんじゃないのにな、なんて思ってた。生意気な研究生である。 

バイト、レッスン。そして、半期遅れで入ってきた後輩との飲み会。それが日常だった。 

一口に「後輩」と言っても、俳優養成所のこと。実に色んな人がいた。 
小学生から10歳以上年上の人。 
私がよく連んでいたのは年上の後輩たち。 
彼らにはよく酒で潰された。 
毎晩、吐くまで飲まされた。一気飲みは当たり前。ハッキリ言ってバカだ。 
でも、凄くよくしてくれていた。 

ある日、将来の夢の話になった。 
「オレさぁ、やっぱ俳優じゃなくてダンサーになりてェんだよね」 
私は、彼らにそんな事を言ったと思う。 

次のレッスンの後、ダンスの上原一夫先生に呼び出された。 
「田中、お前ダンスの公演に出ない?」 
嬉しくて小躍りした。 
先生は 
「仲間想いの友達を持ったな」 
と、年上の後輩たちの名前を仰った。 

目頭が熱くなった。 
毎晩、馬鹿騒ぎしてるだけの仲だと思ってたのに、オレの夢の手助けをしてくれた…。 
彼らの好意を無駄には出来ない。 
「お願いします。オレを出して下さい!」 
翌週から上原先生のダンス公演のリハーサルが始まった。 

周りはダンスのプロとして舞台やテレビの世界で生きてる人たちばかりだった。 
ピルエット(片足での回転)を5回以上廻れる人がゴロゴロしていた。 

ヤバいとこに来ちまった…。 
でも、しがみつかなきゃ! 

当初、私は 
「劇団の子」 
と呼ばれていた。 
俳優養成所の生徒だから踊れない、お豆ちゃんだという意味である。 
しかし、負けたらダメだ、というプレッシャーなのか、彼らを出し抜きたい、という負けん気か、振り付けを覚えて休まずに練習しまくっていると、いつしか呼び名が 
「劇団の子」 
から、 
「田中(私の本名)」 
に変わった。 
それまで振り付けを間違って覚えていても直されなかったが、 
「田中、そこはこうだよ」 
と先輩たちが直してくれるようになった。 

舞台の本番は緊張よりも楽しかったし、嬉しかった。 
今から考えれば、ただの発表会に過ぎなかったのかも知れない。 
でも、その発表会のメンバーになれた事が嬉しくて楽しくて仕方無かったのだ。 

養成所を辞めて、上原先生のスクールに通おう。 
自然とそう思った。 

私たちの代は養成所を辞めていく人間が多く、残ったのはわずかに7人だった。 
養成所側としては、半期後輩のクラスと合同で卒業公演をさせたがっていたのだが、どうしてもやるんだ、と半ば自主公演、という形で卒業公演を行った。 
養成所から程近い、小劇場とは名ばかりの芝居小屋を借り、脚本、演出、振り付け、衣装など、全て自分たちだけで行った。 
私は生まれて初めて振り付けを作った。 
その頃の私は、当時まだラップミュージックと呼ばれていたヒップホップやハウス、レゲエなどのクラブミュージックを聴くようになっていて、やっぱりそういう曲を使いたがった。 
しかし、ジャズダンスしか習った事が無かったので、見よう見真似でtrfのプロモーションビデオなどから動きをパクって無理やり作った。 
その振り付けは、かなり詰め込み過ぎて踊りづらいものだったのだが、みんな頑張って踊ってくれた。 

名ばかりの卒業公演が終わると、即座に養成所を辞める旨を伝えた。 
別に引き留められもせず、私の俳優養成所での日々はあっさりと終わった。 

翌週からすぐにダンスレッスンを受けに、上原先生のスクールに通い出した。 
「ダンサーになるならバレエもやった方がいい」 
と薦められて、バレエのクラスも受けた。 

6歳上の登坂良樹さんという先輩が特に凄く良くしてくれた。 
彼は既にプロとして喰っていて、他のダンサーからも一目置かれていた。 
彼の主宰する『H.S.ART』という表現者集団に混ぜて貰い、何故か主演までさせて頂いた。 
ほぼ一人芝居、という過酷な舞台だったが、凄い嬉しかった。 

しかし、この頃の私は上手くなりたい為だけに踊るようになっていた。 
段々と踊る事が苦しく思うようにもなっていた。 

自由に踊るSAMさんみたいなダンスがしたいな。 
そう思う気持ちと、当時「FUNKY」と呼ばれていたストリートダンスを蔑視する先輩たちの意見に板挟みになっていた。 
丁度その頃、良樹さんが学生時代に所属していたという、立教大学のダンスサークル『St.Paul's Musical Company』、通称『M研(現・D-mc)』に入りたい、と思うようにもなっていた。 

当時、B.D.C.に通っていた比較的FUNKYに理解のある先輩に話を聞いたりして、聞けば聞くほどに踊りたい気持ちは焦がれた。
先輩の一人に「trfのSAMさんみたいなダンサーになりたい」と話したら、「え?SAMさんだったら代々木のB.D.C.で教えてるよ」と教えてくれた。
なかなか勇気が出なかったが、見学に行くとなるほど、FUNKYのクラスに丸山と書いてあり、大勢の生徒さんに囲まれてSAMさんがダンスを教えていた。
翌週、入会しようと行ってみるとSAMさんのクラスは代行で、スタッフの人に訊くと「SAMさんのクラスはtrfが忙しくて終わった」との事。
それを聞いた私は、入会せずに失意に打ちひしがれて帰ったのだった。

M研に所属していたスクールの友人をつてに、M研に入れて貰った。 
ジャズはもちろん、ロッキン、ヒップホップ、ハウスをやっている先輩たちがいて、自分がやりたかったジャンルはハウスというのだ、と初めて知る。
それからというもの、ハウスにのめり込み、鶯谷にあったキャロルというスクールの夏期集中講座に申し込んで、そこで講師をしていたSPICEのかつぞうさんと出会った。 
SAMさんともまた違ったハウスを踊るかつぞうさんのクラスは楽しくて仕方無かった。 
これだ、オレがやりたかったものはこれだったのだ!!!!! 

その頃の生活はというと、ジャズのスクール、M研とバイト、CLUB通いといった塩梅。 

六本木R?hallに初めて足を踏み入れた時、正直ビビっていた。 
CLUBが初めてだってバレたくなかった。 
しかし、周りで自由に踊るダンサーたちは手が届かないくらいカッコよくて、眩しかった。 
私は彼らの動きを観察し、真似する事を繰り返した。 
当然、同じようには踊れない。 
自分とストリートダンサーたちの壁の厚さを感じた。 
どうして、彼らは振り付けもなく自由に踊り続けられるのだろう? 
レッスンからダンスに足を踏み入れた為、そういう観念にとらわれていた。 


秋頃に高円寺にスタジオがオープンする、というフライヤーを手に入れた。 
講師にはSPICEのメンバー、SARAさんとKENさんの名前があった。
通うしかない。
オープンするや入会した。 

このスタジオはバレエ、ジャズも充実していたのだが、ハウスとロッキンのクラスがあり、しかも、ハウスは週に2クラスあった。当時としては珍しくハウスに力を入れていたスクールの一つだった。 

私はSARAさんとKENさんのレッスンに毎回出た。 
わからない事だらけだし、姿勢が良過ぎてダメ出しされまくったけど、ヤバいくらい楽しかった。 
当時のスタジオでの私の呼び名は「SARAっ子」。毎回クラスを受けていたからだ。 

4ヶ月くらい経ったある日、SARAさんに 
「田中くんさぁ、イベント出てみない?」 
と言われた。 
聞けば、他にも何人かでチームを組んで出るという。 
まだ早い、とビビる気持ちと、ジャズで幾つかの舞台に立ってきた自負とが混ざり合い、変な気分になりながら、
「やります!」 
と返事していた。 
こうしてSARAさんクラスの生徒の即席チーム、『さらまんた』が結成された。 

新宿の路上で練習を繰り返した。 
ビルのガラスを鏡の代わりにして踊る。 
それまで、リハーサルの合間にガラスで練習した事はあっても、毎回毎回外で練習するのは凄い新鮮で楽しかった。 
それまで知らなかったダンサーたちとも、隣で練習してるってだけで仲良くなれた。 
ストリートダンスは楽しいなぁ。しみじみ思った。 

しかし、イベント当日になって驚いた。 
出るのはR?hallの人気イベント『CONNECT』だった。 
SPICEやTR∀MP、GRASS、COPPERTONE、電撃チョモランマ隊、といった我々の先生たちのチームが出ているようなイベントだったのだ。 

こんなんに出ていいのかよ? 
かなり腰が引けた。 

本番は訳の分からないうちに終わった。 

二部は先生たちのチームが目白押しだった。今から考えると、ゲストチームだらけのショータイムである。 
よくこんなイベントが毎月やってるなぁ、とビックリするよな凄いダンサーたちが出演していたのである。 
観てるだけでワクワクして踊りたくなってくる。 
しかし、圧倒的なスキルを前にヘコむ。 

「さらまんた」は、一回の出演で自然消滅した。


SPICEみたいになりたい。 
毎日そんな事ばかり考えていた。

(続く)

BMHの会 ブログ用 (1)
落語 × DANCE(70名限定)
2019年4月28日(日)
於・お江戸両国亭
東京都墨田区両国4-30-4 両国武蔵野マンション1階
開場:12時30分
開演:13時
木戸銭:2500円(お土産付き)
    小学生 2000円(お土産付き)
    ※未就学児はお問い合わせくださいませ。
落語:三遊亭楽天
DANCE:B.M.H.~ばい菌持ってる鳩~
ご予約・お問合わせ:三遊亭楽天事務所
電話 / FAX 03-6884-6632
メール rakugo.x.dance@gmail.com

落語とダンスのコラボ動画!?
https://www.youtube.com/watch?v=CfKnYzihf3s

昔の事を少し書いてみよう、と思う。



私の母はビートルズ世代で、洋楽が大好きだった。
私が物心ついた頃、常にラジオのFM曲から洋楽が流れていた。
フリオ・イグレシアス、アース・ウィンド&ファイアー、シック等を子守唄代わりに聴いて育った。

私が幼稚園に通うようになると、高校時代に社交ダンスをやっていた母は、地元の集会所で行われていたジャズダンスのレッスンを習い始めた。

母が出演する発表会を観に行ったり、スタジオの隅でレッスンが終わるまで待っていたりする度、
「のりくんも踊りなよ」
と言われるのが厭だった。
酷い人見知りだった私は、ダンスどころか気の許せる人以外と喋る事すら出来ない子供だった。
人前に出る事すら考えた事も無かった。

映画や芝居、落語など様々な舞台を観に行ったりもしたが、自発的に何かをやってみたいと思う事は無かった。

母の友人の子が通っているからという理由でリトミック教室に通わされたのは、小学校三年生の頃。
とにかくリズム感皆無、運動神経皆無の私にとって、リトミック教室は苦行であったのだが、ある日、先生がビデオでマイケル・ジャクソンの『スリラー』を見せてくれた。



物凄いショックを受けた。
何だ、これは!?
ミュージカルとも違う、ダンスなんだけど今まで見た何よりもカッコ良かった。
ただ、やはり自分にやれるとは思ってもみなかった。

以来、しばらく音楽やダンスから興味が離れ、元々大好きだったゲーム、漫画、アニメ、特撮、本にドップリ浸かり、オタク街道まっしぐらとなる。

中学生の頃、幼稚園の頃からの親友・よっちゃんがTMネットワークのアルバム『CAROL』をくれた。
CAROL-A DAY IN A GIRL’S LIFE 1991-
TM NETWORK
エピックレコードジャパン
1988-12-09





それまでテレビの歌番組は観てても、このアーティストのこの曲が聴きたいという聴き方で音楽を捉えておらず、ただ漫然と聴いているに過ぎなかったが、特定のアーティストのアルバムを手に入れた事で、音楽に対する興味がやたら湧いてきた。
当時、同じマンションの真上の階に住んでいた先輩がB’zのアルバム『RISKY』を貸してくれたりして、次第に音楽に目覚めていった。
RISKY
B’z
BMGルームス
1990-11-07

同級生にブルーハーツをカセットにダビングしてもらったり、姉のカセットテープを借りたりして様々な音楽を聴きまくった(父親から古今亭志ん朝師匠のテープを無断拝借して聴き始めたのも、この頃)。
中学を卒業する頃には、高校に入ったらバンドを組もう!という話が、私と友人たちの間で出た。

また、高校入学前の春休みに件の先輩が部活の自主公演に誘ってくれて、その舞台に非常に感動した私の心の中に、人前に出たいという願望がフツフツと湧いてきた。

高校に入学し、それまでの反動からか、いわゆる「高校デビュー」というヤツで、仲良くなった外部生に声を掛けまくったりした。
10年生(高校1年生)の頃は演劇部や音楽部(合唱部)で忙しくてバンドが組めなかったが、11年生になり「Virgin」という名前のバンドを結成した。
私はジャンケンで負けてベースとなった。
img016
高校生の頃の私。

放課後スタジオを借りて練習したり、学園祭でライヴを行ったりしたのだが、「音楽性の違い」によりあえなく解散となった。
私にはその頃、「ヴォーカリストになりたい!」という願望があったので、ヴォーカルスクールとダンススクールに通い始めた。
大好きなB’zの『EASY COME,EASY GO!』やTMN『RHYTHM RED BEAT BLACK』のPVの影響である。



この数年後にまさか安室奈美恵やDA PUMPの様なダンスヴォーカルグループが流行る事になるとは、夢にも思わなかった。

私のダンスの先生は母と姉の友人で、TMNのPVに出演されていた田畑幸一先生。
キレのあるカッコいいジャズダンサーである。

当時の私は、ダンスにジャンルがある事すら知らなかった。
漠然と「trfのSAMさんみたいなダンスがやりたい」とは思っていたが、それはそういう振付であって、男の先生に習っていれば、いずれそういう振付が習えるだろう、と考えていた。

よく学校の廊下にある鏡の前で一人、ピルエットなどの練習をしていた。
「田中ァ、何踊ってんだよ?」
とからかわれる事もあった。
あの当時、まだまだ「ダンスは女性のもの」という風潮で、男のダンサーというのはごく少なかったのである。
しかし、母親から「タバちゃんっぽい動きになっていたね」と言われたり、綺麗にターンが廻れる様になってくると嬉しくなって、次第にダンスそのものにハマっていった。

「将来、俺はダンサーになる!」
そう思った私はヴォーカルスクールをやめて、ダンスレッスンを増やした。
ファストフード店でアルバイトをしながら、放課後はダンススクールに通った。
12年生になり、当時付き合っていた恋人と別れ、落ち込んでいてもダンスのある毎日が楽しかった。

そろそろ進路を決めなければならない。
クラスメイトは大学受験に向けて頑張ったり、それぞれの未来に向けた目標を掲げ始めていた。
私の想いはただ一つ。「ダンスで喰っていく」これしか無かった。
しかし、当然の事ながら両親にその想いを打ち明けた時、反対された。
母は特に、様々なダンサーたちを見て来た。
男のダンサーたちが喰いっぱぐれているのを、たくさん見て来たのだ。
父は頭ごなしだった。
大学進学、そしてサラリーマンという考えの父は、私の生き方に強い不安を感じていた。

しかし、当時の私には根拠の無い自信があった。それが若さなのかも知れない。
しかし、その根拠無き自信のお陰でか、両親を渋々ながら納得、というか、
「もう知らん、勝手にしろ!」
という有難い御言葉を頂戴する事に成功した。

母はそれでも、せめて多少進路に幅を持たせようと思ったのだろう、ある日、新聞に掲載されていた俳優養成所のオーディションの広告を見せてきた。

「お前、俳優にならなくても、歌とか習っておけば多少は潰しが効くかもしれないし、芸の肥やしにはなるんだから」
そんな事を言われて、オーディションを受ける事にした。
将来は絶対ダンス一本で喰っていく!と豪語していた割には、そうした言葉に心が揺れる。私の行き当たりばったりな性格を、親は見抜いていたのだろう。心配するのも無理は無い。

オーディションの結果は合格。
私はその俳優養成所で演技、ダンス、殺陣、歌唱、パントマイムのレッスンを受ける様になったが、大好きな田畑先生のレッスンは丁度曜日が被ってしまい、通えなくなってしまった。
悔しいが、養成所を選択した。

養成所でのレッスンは全て無難にこなせた。
10年生から演劇部と音楽部、11年生からヴォーカルスクールとダンススクールに通っていたのだから、多少の下地が出来ていた。
しかし、レッスンを無難にこなせても、面白味が無ければ表現者としては失格だ。
当時の私はそんな事はまだわからず、自信を持って臨んでいた様に思う。

高校、バイト、養成所というサイクルに満足していた。

続く

※この記事はかつてダンサー時代のブログに投稿した記事を加筆、修正したものです。
http://dancernorimitsu.blog94.fc2.com/blog-entry-60.html

このページのトップヘ